起業家なら知るべき!オンラインサロンとは?

「最近、オンラインサロンってよく耳にする!」
「いまやっているセミナーやイベントが楽になりそう!」

オンラインサロンになんとなく興味はあるけど、具体的になにをやっているのかやどういうメリットがあるのかまでしっかりとは把握していないのではないでしょうか。

オンラインサロンにはあなたのビジネスを大きく変えてくれる可能性があります。だからといって、誰にでもオススメできるものではありません。

あなたがオンラインサロンに取り組むべきか判断できるように、中身やメリットについて詳しく紹介していきます。

 

そもそもオンラインサロンとは?

一言で説明するなら、会員制コミュニティのことです。

主な活動はオンライン上で行われています。それに加えて、リアルな交流会や勉強会などオフライン上の活動を行っているサロンも多くあります。

起業家にとって、新しい価値提供の方法として注目が高まってきています。

その理由としてホリエモンが「堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)」を開設したことにあります。現在1200名超の参加者がおり、代表的なオンラインサロンです。

主なサロンオーナーは経営者、タレント、スポーツ選手、著者などの著名人が中心。その他に活躍しているブロガーやライター、起業家などが開設しています。

 

オンラインサロンの特徴

これまでの情報発信とは違いがあるからです。ブログやメルマガ、フェイスブックとの違いをお伝えしていきます。

オンラインサロンを成立させる2つの要素

オンラインサロンは主に2つの要素の組み合わせから成り立っています。

1.コンテンツ

情報やノウハウ提供が1つ目の要素です。ビジネス系であれば、ブログの書き方やアクセスアップの方法。仕事術やノート術について。
生活のノウハウだと、忙しい主婦のためのかんたんレシピや美容方法などがコンテンツとして提供できます。

2.交流

2つ目の特徴はコミュニケーションです。オンラインサロンの大きな特徴を挙げるとしたら、コンテンツに比べて交流の方が大きな要素だと言えるでしょう。

参加者と主催者の交流はもちろん、参加者同士の交流も行うことができる。
さらに、コミュニケーション自体が価値になることがポイントです。

売上や反応を伸ばすの手段としてコミュニケーションが重要なのではなく、コミュニケーションそのものに価値があるということは、情報発信型のビジネスを行ってきた起業家にとって大きな変化だと言えるでしょう。

 

  オンラインサロン ブログ メルマガ フェイスブック
コンテンツ
交流

 

ブログ、メルマガとの違い

オンラインサロンとブログ、メルマガの違いを紹介します。

発信と交流

オンラインサロンの特徴である交流はブログでは行いにくくなっています。
ブログにもコメント機能がありますが、交流目的というよりは質問や感想、意見を伝えるための場所として使われています。

オープンさとクローズさ

ブログは基本的には誰でもオープンに読めるように書かれるものです。一方、オンラインサロンの場合は参加者しか読むことができないようになっています。

コンテンツ提供の場合には、限定情報という希少性を打ち出すことができます。
これは有料メルマガや限定ブログとして提供可能です。

一方、オンラインサロンの場合には交流という要素があり、サロンに「所属している」という所属意識(所属欲求)を満たすものになります。

 

フェイスブックとの違い

オンラインサロンとSNSの例としてフェイスブックとの違いをお伝えします。

プラットフォームを利用する場合、フェイスブックグループかGoogle+を使って交流を行います。

コンテンツ提供

フェイスブックの投稿で直接コンテンツ提供を行うことは好ましくありません。

理由は2つあります。

・フェイスブックは情報が流れていくフロー型で、せっかく投稿したコンテンツが蓄積されない。
・フェイスブックはサッと目を通すものなので、長文が不向きでスルーされやすく、反応が悪くなりやすい。

フェイスブックを利用したコンテンツ提供は、ブログ記事をシェアする方法がよく行われています。

オンラインサロンの参加者のみに情報発信する場合には、限定情報として価値ある情報として受け取ってもらいやすくなります。

一方、通常のフェイスブック利用の場合には、宣伝目的として見られやすくなることや、フェイスブックのシステム上の理由で表示されにくくなってしまいます。

 

レバレッジがかかる

参加者の人数に関わらず基本的にやることは変わりません。参加者が10人でも、参加者が100人でも提供するものは同じです。

たとえばオンラインサロン参加者限定のセミナーを毎月開催している場合。サロンの参加者の人数は関係ありませんよね。単純に10人に対して募集をかけるのか、100人に対して募集をかけるのかが変わるだけでやることは同じです。

開催したセミナーの内容を動画で公開する場合でも同じです。
グループにURLを投稿する、参加者のメールアドレスに一斉に送る。公開するための行動は同じですが、受け取る人の数が変わります。

1対1のコンサルモデルのビジネスを行っている場合には、クライアントが増えれば増えるほど、必要な時間は増えていきます。

セッションの時間として1人に2時間かかるとしたら、10人クライアントがいたら20時間、100人だとしたら200時間かかります。

オンラインサロンの場合には、参加者が10人でも100人でも基本的な時間は同じです。そのため、やるべきことや費やす時間は変わらずに、利益を伸ばすことができます。

 

参加者が価値になる

コンサルや習い事などの先生型のビジネスにはない特徴として、参加者が価値の提供者になることがあります。

主催者によるコンテンツの提供とは別に、参加者だけで交流が行われたり、有志による勉強会などが開催されます。

ホリエモンの「HIU」では分科会、トリイケンゴの「マーケティング実践大学」では部活として参加者主体の活動が行われています。

 

なぜオンラインサロンがいま注目されているのか?

オンラインサロンに注目が集まっている理由はなにか。

「流行っているから」「もしかしたら自分のビジネスに役立つかも」というあいまいな理由ではなく、注目を集めている理由を知ることで取り組むべきかの判断をしていただきたいと思います。

オンラインサロンは稼げる!?

現在、もっとも成功しているオンラインサロンはホリエモンでしょう。月額10800円で1200人超の参加者がいます。(2017年4月時)

10800円 × 1220人 × 12ヶ月 = 年商約1億5800万

ホリエモンの例は極端だと感じるかもしれません。

金額や規模を小さくして計算すると、

5000円 × 100人 × 12ヶ月 = 年商600万

です。

売上から引かれるものとしては、決済システムの手数料くらいなもの。
初期費用がかからず、高利益な収益となります。

 

継続的なモデル

オンラインサロンのほとんどは、月額課金制です。
つまり、毎月毎月ある程度の収益が見込める仕組みをつくることができます。

そのため安定感のあるビジネスを行うことができるようになります。

 

人が広がりやすい

オンラインサロンの場合、高単価のサービスに比べて人が広がりやすくなります。

その理由は、

・金額面から入会のハードルが低い
・とりあえず試してみるという感覚で入会しやすい
・シェアや口コミがしやすい

 

具体的にオンラインサロンでやっていることは?

オンラインサロンでどんなことをやっているのか。サロンによって違いはありますが、いくつか代表的なものを紹介していきます。

1.オンライン上での交流

DMMオンラインサロンもシナプスも入会者はフェイスブック(参加者を匿名にするためにGoogle+で行うこともできる)のグループに参加することになります。
このグループ上で主催者や他の参加者と交流を取ることができます。

2.オフラインでの交流会

サロン参加者限定の交流会やサロン参加者優先で交流会を開催。

3.サロン限定セミナー、勉強会

毎月セミナーや勉強会を開催。
単に開催するだけではなく、動画や音声を収録しておくことで、当日参加できなかったサロン参加者にもコンテンツを提供することができます。

また、オフラインだけではなく、ZOOMなどのサービスを使うことでオンライン上で完結するセミナーや勉強会を開催することができます。

ZOOMについて
オンライン会議ツール。複数人で同時に、ビデオ・音声での会話ができる。無料で利用可能。
ZOOM

4.会員限定の情報発信

参加者限定で見ることができるコンテンツを提供しているサロンもあります。メルマガやブログ、3番で挙げたセミナーの動画や音声などを参加者限定で公開。

5.分科会(メンバー有志の活動)

活発なサロンでは、参加者が主体となった活動が行われていることがあります。参加者同士でプロジェクトを進めたり、特定のテーマに従ったグループを作ったりと、参加者が中心となって活動を行っています。

 

オンラインサロンの開設方法

オンラインサロンを開設するには、大きく2つの方法があります。
プラットフォームを利用する方法と、自社で設計する方法です。

プラットフォームを利用する

現在、オンラインサロンのプラットフォームは、「DMMオンラインサロン」「シナプス(DMMが2017年2月に子会社化)」「サロンド」「レジまぐ」などがあります。

サロン開設数が多いのは「DMMオンラインサロン」と「シナプス」です。

プラットフォームが行っているのは主に決済と顧客管理です。交流のためのサロンとしての機能はフェイスブックかGoogle+が使われています。

メリット

・プラットフォームのブランド名があるので、ある程度信頼が得られる
・決済システムを任せることができる
・顧客管理のシステムがある
・プラットフォームのサイトにサロンの募集ページが掲載される。
・初期費用がかからない

デメリット

・手数料が取られる(プラットフォームによって手数料は変わる)
・プラットフォームを利用する場合に審査がある
*入会者が集まらない場合には、開設後に閉められることもある

 

自社で設計する

会員サイトと決済システムを用意します。
ただし、プラットフォームの場合と同様にサロンとしての機能はフェイスブックなどを利用することができるので、決済システムだけを用意すれば自社で開設することは可能です。

またサロン機能とコンテンツ配布を一緒にした、会員限定サイトを構築しているオンラインサロンも存在します。

メリット
・手数料がかからない
・サイトのデザインやシステムを自由に設定できる

デメリット
・決済システムの準備が必要
・顧客管理が必要
・会員サイトを設計する場合に専門知識が必要

 

手数料について

プラットフォームを利用する場合と自社で設計する場合の大きな違いは手数料です。

シナプスの場合は売上から20%が引かれます。
DMMオンラインサロンの場合は詳しい数字は非公開ですが、シナプスと同程度の手数料がかかります。

自社で行う場合、たとえばpaypalを利用すると3〜4%ほどの手数料で決済を行うことができます。

 

オンラインサロンをやるべきか迷ったら

「オンラインサロンをやった方がいいのか?」

オンラインサロンは今後のビジネスの発展に役立つものだとオススメします。

しかし、誰にでもオススメかと言われるとそうではありません。
ビジネスの段階や状況によってオススメな人とそうでない人がいます。

あなたがオンラインサロンを行うのにピッタリかどうかをお伝えします。

2つのチェックポイント

成功するオンラインサロンを開設するためにチェックするポイントは2点。

・リスト:開設したときに数十人の参加者が見込めるか?
・コンテンツ:高単価でも求められるコンテンツを持っているか?

左上:リストホルダー
右上:リストも高単価商品も持っている
右下:高単価商品を提供しているが、リストの少ない方
左下:これから起業する方

左上:リストホルダー

成功するオンラインサロンを開設しやすい。

右上:高単価商品ありのリストホルダー

成功するオンラインサロンを開設できる。

右下:高単価商品ありの起業家

コンセプト設計をしっかりと行うことで成功するオンラインサロンを開設できる可能性があります。

左下:これから起業スタート

オンラインサロンはオススメできません。

 

まとめ

オンラインサロンは全てを一人でやらなければいけないビジネスを変えてくれる。

毎月の収益を上げてくれるストック型。
1つの行動から複数のコンテンツを提供できる。
所属することが価値になり、参加者が価値をつくる。

長期間に渡って、顧客と付き合い続けながらビジネスを行いたい起業家にとってオンラインサロンは力強い味方になってくれます!

オンラインサロンを作りたい方へ

・オンラインサロンが流行っているみたいだけど、よくわからない。
・最新情報を知りたい
・コミュニティ運営のコツが知りたい、、、

これらの疑問に、オンラインサロンの立ち上げ、運営代行を行っているプロが無料でお答えします!

↓下の画像をクリックしてチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA