お客さんで入会したオンラインサロンを使い倒す方法

メガホンを持った女子高生

こんにちは、中里です。

私は東京在住ですが、福岡に行ったときのことです。
知人が立上げに参画しているFUKUOKA grouth nextのオープニングイベントに参加しました。

小学校の跡地をコワーキングスペースやセミナールームとして開放したスペース。
教室がBARになっていたり、体育館がセミナースペースになっていたりと面白いです^^
天神駅(東京でいうところの原宿みたいな駅)の徒歩3分のところにフリーアドレス8000円/月で利用できるそう。借りちゃいたい!

ワンルームマンションも、東京で14.5万しそうなデザイナーズマンションが7万です。
ちょっと駅から離れたら普通の賃貸は3万円代だとか。

福岡、買い物するにも食事をするにも、お店が空いていてむちゃくちゃ快適です。
東京に住んでいるのがちょっと悲しくなってきます。

 

さて今日は「お客さんで入会したサロンを使い倒す方法」について書きたいと思います。

サロンに限らず何かの「生徒」になった時に、講師の心を掴む方法があります。
それは最も模範的な生徒になることです。
効果的なのが、そのグループ内で、ダントツ一番の成果を出すこと。一目置かれます。

自分が教えたことを忠実に実行してくれて「成果出ました!●●先生のお陰です!」って成果報告をしてくれる生徒って可愛いですよね。
せっかく大切なお金を払っているのですから、やりましょう。
成果、出しましょう。

 

えっと…それが出来たら苦労はしない、ですか?

すみません、私は成果重視型のタイプ(チンパンジー)なので、成果を出す&分かりやすく成果を上げているようにw動いてみせる、ことが得意なんです。

「成果重視のタイプ(チンパンジー)」とは?

類人猿診断という人のタイプを四分類する方法があります。チンパンジーは類人猿診断のタイプの一つです。
類人猿診断

違うタイプの方、大丈夫です!

ダントツの成果が難しければ、「質問したことを実行して、必ず報告」してください。
それだけでも可愛いです。記憶に残ります。

そして成果を出す、質問をすること以外には、生徒として参加していながらも、「場の雰囲気に責任を持つ」ようにすると見られ方が変わります。

お客としてその場に存在する権利を与えられたら、そこで「もらう」ことばかりを考えずに、場が良くなるように働きかけることです。
講義の後、誰も質問しなかったら、自分が最初に質問をするとか。
満杯のセミナールームで部屋の空気が悪いな、と思ったら「窓あけませんか?」と開けてドアを開けて喚起しちゃう、とかですね。

その場に主体的に関わることで見えるものが変わってきます。


皆さんのコミュニティでも居ませんか?お客さんなのに色々と動いてくれる人。
そういう人は、今後皆さんが立ち上げるサロンのキーマンになりますので、要チェックです。

「場に責任を持つ」というのは、オンラインサロンの場合も同じです。
積極的に質問するとか、サロンの講師役が返信できていないところを拾って、変わりに「おっ」っと思われる回答をしてみる、とか。

誰と一緒にいてもそうですが、「相手の弱みを補完する」ように立ち振る舞うことで、どんな場所に行っても「自分の居場所」がすっと作れるようになります。

私はこれまで、生徒として参加したセミナーや高額塾でも、こうした小さなサポートをすることによって、殆どの講師を自分のクライアントにしたり、自分の事業パートナーにしてきました。

これはちょっと抽象的なので、また追って書きますね。

オンラインサロンを作りたい方へ

・オンラインサロンが流行っているみたいだけど、よくわからない。
・最新情報を知りたい
・コミュニティ運営のコツが知りたい、、、

これらの疑問に、オンラインサロンの立ち上げ、運営代行を行っているプロが無料でお答えします!

↓下の画像をクリックしてチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA